食物アレルギーに精通した講師陣

アレルギー大学 in 沖縄では、医師・栄養士・研究者など、食物アレルギーに精通した専門家を講師陣として迎えています。

尾辻 健太

尾辻 健太
沖縄協同病院 小児科 医師

皆さん、こんにちは。私は普段、アレルギー外来で食物アレルギーや喘息、アトピー性皮膚炎などの子ども達を診つつ、病棟で食物経口負荷試験を行っています。講義では主に食物アレルギーに関して、基礎から応用までお話させて頂きたいと思います。皆さんが学んでくれることで、沖縄で暮らす、もしくは沖縄を訪れる食物アレルギーの親子を取り巻く状況が良くなっていくことを願っています。一緒にがんばっていきましょう!

新垣 洋平
那覇市立病院 小児科 医師

野原 正子

野原 正子
元 沖縄女子短期大学非常勤講師 認可保育園嘱託栄養士

「食育とアレルギー」を担当します。38年間沖縄県内複数の保育園へ給食献立の提供、調理指導、育児講座などに携わり、「食べるって大切なこと、笑顔で楽しく!」を多くの保育現場でお伝えしてきました。子どもの発育・発達と栄養・食生活の基礎知識を学び、より実践的な食育へ展開していただければと期待します。離乳期から始まる安心安全な給食をともに考えていきましょう。

崎原 和子

崎原 和子
浦添市健康づくり課 管理栄養士

13年間保育課で保育所給食に携わってきました。乳幼児期の食育で大切なことは、人との関わりの中で楽しく食べながら、いろんな食体験をしていくことです。調理実習を通して、アレルギーをもつお子さんと親御さんが楽しく安心して食事ができるお手伝いができたらと思っています。

大田 なつき

大田 なつき
管理栄養士

卵・乳・小麦に対応した食事の調理実習を担当します。調理実習を通してコンタミネーションを防止する調理手順について実践的に習得する事ができます。調理実習では、講座と違いグループワークなので、他職種の方、保護者の方との情報交換が出来る場になればと思っています。一緒に学んでいきましょう。

古堅 由紀子

古堅 由紀子
管理栄養士

『アレルゲンの基礎』を担当します。私は保育士養成校の講師として子どもの食について指導して参りました。食物アレルギーの正しい知識の周知と環境整備を願っています。食品中のアレルゲン、体内での消化吸収のメカニズムについてわかりやすくお伝えしたいと思います。一緒に学んでいきましょう。

玉那覇 康恵

玉那覇 康恵
管理栄養士

「乳幼児期の栄養と献立」の講座を担当します。私自身、小児医療分野における栄養管理・栄養指導等を行い、子ども達の栄養サポートを積極的に行ってきました。乳幼児期は、身体の発育が盛んでこの時期の栄養は、成長・発育に大きく影響します。その分野を、皆さんにわかりやすく、また実践で活用出来るようにお話ししたいと思います。

田村 磨理
かめさん商店店主・一般社団法人アレルギー対応沖縄サポートデスク理事兼アドバイザー

「加工食品の表示の仕組みとアレルゲン表示」を担当します、田村磨理と申します。家庭でも、保育園でも、学校でもどんな場面でも「食物アレルギーの対応」をする際、「食品表示」からアレルゲンを確認する事は避けては通れません。

表示を正しく読むことで、不必要な除去も減り身近な食品でも使用する事が出来るようになります。一緒に安全な表示を学んでいきましょう。

アレルギー大学に関するお問い合わせは下記の専用窓口までお願いします。

  • アレルギー大学担当 田村・金城
  • TEL: 098-996-2285(10:00~17:00)定休日:土・日・祝